平均セッション時間が0秒?!Googleアナリティクス計測の謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
image070105

Webサイトやブログの運営を行っている方で、Googleアナリティクスを活用している方は多いのではないでしょうか?

アクセス状況や訪問者のサイト内での行動フローも見れるアナリティクスは、もはやデジタル解析を行う上で、マストアイテムと言えるでしょう。

今回は、普段Googleアナリティクスを使っている人でも意外と知らない、「平均セッション時間」の勘違いについてご紹介したいと思います。

意外と知らない「平均セッション時間」の勘違い

平均セッション時間とは

本日クライアントさんから電話があり、

「うちのサイトをアナリティクスで見てたんですけど、平均セッション時間が0秒と表示されるんですけど、これってアクセスしたユーザーが全然滞在してないってことですよね?」

と質問を受けました。

image070102

セッション時間とは、簡単に言うと、「サイト訪問者がそのサイトに滞在していた時間」のことです。

そして、平均セッション時間とは、「すべてのセッション(訪問数)の継続時間の合計をセッション数(訪問者数)で割った平均値」のこと。

平均セッション時間は、サイトの状況を分析する上で、直帰率やページ/セッション等と同様に重要な指標になります。

サイトの用途や内容によって変わりますが、例えば、ブログ記事で、じっくり読めば10分くらいかかる長文にもかかわらず、セッション時間が1分や2分であれば、その記事の内容が訪問者のニーズにマッチしていなかったり、文章のクオリティが低い、または読みづらいなどの理由が考えられます。

そして、データから考えた仮説をもとに、ブログやサイトの修正を行っていきます。

サイト運営においてセッション時間のデータはとても有効なものです。
だからこそ、セッション時間の定義をしっかり認識しておくことが大切になります。

セッション時間が0秒?!

セッション時間の意味を説明したところで、早速本題。

今回のご質問では、

「セッション時間が0秒とは、訪問者が全くページを閲覧することなく、離脱してしまったのか?」

ということです。

確かに、間違えてクリックしてしまって、ページが立ち上がる前に元のページに戻ったということであれば、セッション時間は0秒となりますが、アクセスは多数集まってるにもかかわらず、平均セッション時間が0秒の場合、全員がすぐに離脱したということは考えにくいです。

では、なぜ平均セッション時間が、“0秒”という表示になるのでしょうか?

実は、その理由は、Google Analyticsのセッション時間のデータを計測する“仕組み”にあります。

Google Analyticsのセッション時間を計測する仕組み

Google アナリティクスで、セッション時間を計測する方法を見ていきましょう。

例えば、A君が10:00にサイトを訪問して、最初のページを閲覧した後、10分後の10:10にサイト内の別のページにアクセスし、その後10:15にまた別のページにアクセスし、そのページを閲覧した後、10:20にそのサイトから離脱したとします。

image0704

そうすると、A君はこのサイトに10時から10時30分までの20分間滞在していたことになります。

なので、通常であれば、サイト滞在時間は「20分間」ってことになりますよね?

ですが、アナリティクスのセッション時間の計測においては、20分とはならないんです。

実は、アナリティクスの計測方法は、アナリティクスヘルプに下記のように記載されています。

最後のページにエンゲージメント ヒットがない場合、継続時間は以下のように算出されます。
最後のページでの最初のヒットの時間 – 最初のページでの最初のヒット

※ヒットとはデータとして Google アナリティクスに送信される操作のことであり、要はクリック等の行動のことです。

といっても、上記の説明ではわかりづらいので、簡単に言いますと、セッション時間とは、訪問者が最初にアクセスした時間から、離脱する直前のページにアクセスした時間までの時間となります。

アナリティクスの計測方法は、訪問者がサイトにいる間の時間をずっと計測しているのではなく、最初にクリック等の行動を起こした時間から、最後にクリックをした時間をそれぞれ割り出し、それを“引き算”で差し引くことで、時間を算出するという仕組みになっているんです。

つまり、先ほどの例で言えば、

訪問者が最後のページにアクセスした時間(10:15) - 最初にサイトを訪れた時間(10:00)

となり、セッション時間は、「15分間」となります。

※実際の平均セッション時間は分単位ではなく、秒単位で表示されます。

image0701

そういう仕組みの為、サイト内の別のページへアクセスしたりしない限り、最後にクリックした時間が計測できないので、引き算ができず、セッション時間を算出できないんです。

その為、1ページのみ閲覧して、サイトから離脱した場合や、そもそもLPサイトで下層ページがない場合などは、訪問者がどれだけそのページに滞在していたとしても、セッション時間は0秒になります。

これがアナリティクスの大きな欠点ですね。

ちょっと複雑ですが、セッション時間の概念を正しく理解することで、サイト分析を正しく進めていけますので、しっかりと把握しておくことが大切です。

セッション時間を正しく図る方法

「正確な滞在時間が知りたい!」という方には、滞在時間を正しく図る方法として下記のような方法があります。

1.一定時間滞在した訪問者を計測できるようにGoogleアナリティクスの設定を変える

訪問者が一定時間滞在したら、他のページへとばなくても直帰とはみなさず、滞在時間を計測することができるように、アナリティクスの設定を変更することが出来ます。

設定方法としては、滞在時間を指定するコードを標準のトラッキングコードに挿入すればいいだけです。

具体的な実装方法は、下記のブログ記事が参考になります。
リピータの多いブログで設定したい、滞在時間を考慮したGoogleアナリティクスの直帰率の計測方法

2.タイムアウト時間を変更する

Google Analyticsの標準設定では、訪問者がサイトを訪問した後、30分間何もアクションを起こさなかった場合、そのサイトから離脱したと判断するようになっています。

その30分という設定を短くし、10分や15分に設定すれば、1ページしか閲覧しなくても、そのページを時間をかけてしっかり閲覧している訪問者を計測できるようになります。

ですが、離脱時間を短くすれば、その分余計なヒットも増えてしまいますので、設定変更は慎重に行ってください。

参考記事
アナリティクスで直帰率100%でも滞在時間を測れる、マル秘テク

3.JavaScript関数を利用する

JavaScriptの関数を利用することで、サイトから離脱する際にイベントトラッキングを発生させ、滞在時間を計測することが出来るという手法が紹介されていました。

ただ、スマホでは正しく計測できなかったり、そもそも計測の精度が低いらしく、またページ離脱の際に表示されるコメントが訪問者にとって面倒、という問題があるので、あまりオススメはできないです。

参考記事
Googleアナリティクスの直帰率を正確に知るために「離脱計測」をした

4.他社のデジタル解析ツールを導入

最近では、アナリティクス以外にも無料や低価格で利用できるアクセス解析ツールが他社から多数提供されています。

有名なところでいえば、株式会社Ptmindが提供している「Ptengine」です。

Ptengineは、他のページへアクセスせず、直帰した訪問者でも滞在時間を測ることができ、またヒートマップ機能もついており、ページ上でよく閲覧されている部分やよくクリックされている部分をヒートマップで表示してくれるという便利な機能もあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?Web系の会社で普段Googleアナリティクスを利用していても、意外と知らない人が多い「平均セッション時間」の仕組みについてご紹介しました。

Googleアナリティクスを活用することで、Webマーケティングやブログ運営の向上を進めていくことが可能です。

アナリティクス独自の専門用語も多いですが、一つ一つの用語の意味を正確に把握し、データを使いこなしていきましょう。

追伸

Google アナリティクスをもっと勉強したいという方には、Google Analytics個人認定資格(IQ)の資格試験勉強がおすすめです。

Google アナリティクス個人認定資格(IQ)

以前、アナリティクス認定試験の試験対策と勉強方法についてまとめた記事を書いていますので、そちらも参考にしてみてください。

↓試験勉強についてまとめた記事です。
『Google Analytics認定試験の勉強方法と取得した感想』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>